総量規制でも借りれる消費者金融

総量規制以上を借りるのが難しくなってきた

消費者金融では総量規制以上の借入は出来ない事になっています

審査の甘い中小消費者金融でもこの限度額は絶対的な存在です。

消費者金融の総量規制対象外って?
まとめローンや不動産担保ローンなどのことを言います。
まとめローンは、他社借入をしている多重債務を1つのローンの借り換えをするものです。
新たな資金の調達はできませんが、まとめローンで金利が下がり、返済額を縮小するのが目的です。

限度額は総量規制対象外として、貸付証券の形になります。
住宅ローンや自動車ローンのように目的のあるローンの意味です。
返済額減少により、余裕が出ることは確かです。

不動産が有るなら不動産担保ローン
不動産担保ローンは、担保として不動産を差し出すことで、不動産 価値に見合うキャッシングができます。
こちらも総量規制対象外で、価値の高い不動産であれば、多額のキャッシングができます。
信用情報機関の審査もブラックでも大丈夫なことが多く、不動産担保ローンでまとめローンをすることも可能です。

金利も低めであり、活用するには良い方法です。
フリーローンは無担保ですが、担保があることで条件が大きく変わります。
もし、現在多重債務であったり、新規借入が難しい方におすすめです。
まとめローン契約より審査は甘めです。

怪しい消費者金融では注意する
闇金ではないのですが、総量規制オーバーの貸金を行う消費者金融の存在しています。
多分摘発されたのなら、一発で倒産ですが、どうしてもお金がほしい方に特別な借入をさせる場合があります。
闇金ではないと言いましたが、違法業者であり、オーバーの見返りとして、金利が高いです。
返済ができないとなると、取立などが厳しく、債務整理もできないなどトラブルも多いです。

信用情報機関の報告などもなく現金手渡し、内緒の貸金で貸金業法は完全な違反です。
ホームページなどでも堂々と開設をしていますが、ヤミに近いキャッシングができることは確かで、総量規制以上の貸金が可能。
それこそ総量規制対象外のキャッシングといえます。
正規金融業者と闇金の間の金貸し屋の存在、できれば縁しない方が良いでしょう。

銀行系カードローン
総量規制対象外は銀行カードローンです。
セブン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、三井住友銀行カードローンなどです。
限度額は以前よりは小さくなりましたが、総量規制以上です。
ただし審査は厳しいのでブラックは借りることができません。

多重債務そのものも借入先の選択としてはあまり考えないほうが良いでしょう。
最近は、銀行カードローン審査が一段と厳しくなっています。
カード会社では、総量規制を基準とする動きが高まり、キャッシング事情はますます窮屈になっていますが、借り過ぎ注意ということで言えば、年収3分の一の限度額は妥当な数字です。

総量規制以上を借りるのが難しくなってきた関連ページ

総量規制と返済能力 消費者金融と銀行の取扱
総量規制と返済能力 消費者金融と銀行の取扱。カード会社では貸金業法か銀行法の法律に則ってキャッシング融資。いずれの法律にも則していない場合は全て闇金です。貸金業法か銀行法の法律に則って借入限度額の設定。貸金業法では総量規制と言って年収3分の一が限度額です
総量規制対象外のまとめローンの良し悪し
総量規制対象外のまとめローンの良し悪し。消費者金融の総量規制対象外のまとめローン。まとめローンは、大手消費者金融、中小消費者金融、銀行カードローンでも取り扱っています。銀行融資や追加借入ではなく、多重債務の借入総額をキャッシングして返済専用ローンです
増額で総量規制アップ 簡単じゃない
増額で総量規制アップ 簡単じゃない。消費者金融の総量規制をあげる方法は借入額の増額申請。返済能力が高い、毎月きちんと返済をしているなどで消費者金融の増額ができると言われています。絶対にできないのは、ブラックですがその他多重債務者も審査落ちです