借入件数5件でもお金借り入れ

借入件数5件でもお金借り入れ

他社借り入れ件数について

カードローンや銀行カードローン、そして、消費者金融、あるいは、銀行のローンや消費者金融系カードローン、また、銀行系の融資を受けたい方、あるいは、消費者金融会社の金利の低いローンカードを利用したいという方に、注意していたたきたいのが、申込書に必ず書くことになる「他社借り入れ件数」です。

このように審査の際に必ず書かされる「他社借り入れ件数」は、他社からの融資や借金のうち、返済中のものの件数を書くものですが、まとめローンなども含め、正直に借りている件数を書かないと、みずほ銀行カードローンやその他の銀行系のローン、あるいは、消費者金融会社のローンなど、あらゆるローンで審査に落とされる可能性があります。

総量規制の件もあって、借り入れ金額をどうにか確保したい、という方なども要注意です。

融資を断られる可能性

では、カードローンやみずほ銀行カードローンの銀行カードローン、あるいは、消費者金融のローンや銀行のカード、また、消費者金融系カードローンに銀行系のまとめローン、そして、消費者金融会社の融資やその他のローンカードで、他社借り入れはどのくらいまで審査で許容されるのでしょうか?

一般的には件数が多いと、これ以上の返済ができないと判断されて、総量規制の金額に引っかからなくても借金を断られてしまう可能性が高いと思われていますが、いくら金利の負担が少なく、返済できそうとはいっても、借り入れ件数がネックになって審査に合格しない、というのは痛いですよね。

他社借り入れが5件以上の場合

とくに、カードローンや銀行カードローン、あるいは、消費者金融や総量規制を受けないみずほ銀行カードローンなどの銀行のローン、また、消費者金融系カードローンや銀行系のまとめローン、そして、消費者金融会社のローンカードなどの借金の審査において、他社借り入れが5件以上という場合はどうか、という問題ですが、実は、借り入れ件数が多くても、融資限度額の合計が低いならば、借り入れをすることができる可能性は高いようです。

ただ、金利を含めた無理のない返済計画は必須です。