借入4社

借入4社

他社借り入れについて

カードローンや消費者金融、そして、銀行からの借り入れや、銀行系ローン、また、カードローン審査の際に、どの会社や銀行でも記入しなくてはいけいない申し込み用紙の項目に「他社借り入れ」があります。この他社借り入れは、総量規制の対象になっている消費者金融系の業者であろうが、銀行のカードローン審査であろうが、必ず記入すべきものになっています。

まとめローンやさまざまな融資などを利用する際に欠かすことができないこの「他社借り入れ」の欄への記入ですが、しかし、返済中の他社からの融資が多いと、これら申し込むローンでも限度額が低めに設定されたり、あるいは、返済の際の負担や金利が高くなったり、と、不利になる可能性があるのではないか、と不安な方も多いでしょう。

他社借り入れ欄でウソは厳禁

しかし、だからといってこのカードローンや消費者金融のローン、また、銀行からの借り入れなどで審査の際の「他社借り入れ」の欄で、ウソをついてはいけません。

なぜかといえば、まとめローンや銀行系ローンの融資、そして、銀行のカードローン審査やその他の消費者金融系の業者の融資のおいても、他社での借り入れの情報というのは信用情報を照会してチェックされるものであるため、チェックされるものであるため、ウソをついてもバレてしまううえに、ウソをついたということがマイナスの評価材料になってしまう可能性があるのです。

そのため、総量規制のせいで金利や限度額のことが心配であったとしても、のような他社借り入れの件数に関する情報を求められたら、事実を書くようにしましょう。

また、審査に受かったとしても、利用することは無理のない返済計画のもとに借りることが必要です。

まとめローンを利用しよう

では、通常のカードローンや消費者金融のローン、また、銀行からの借り入れや融資、そして、総量規制で規制を受けている消費者金融系の融資やそうでない銀行系ローンや、銀行のカードローン審査において、他社借り入れに書くのがためらわれるほど多くの他の業者を利用しており、借り入れをしている限度額の合計も総量規制に引っかかりそうであれば、いったいどうすればいいのでしょう。

この際には、まとめローンを利用するのが賢明です。このまとめローンは、多くの債務を抱えている人が、主に金利負担などの返済負担を軽減するために、借金を借り換えて一本化するためのローンで、これによって、返済総額が大幅に軽減される可能性があります。