借入件数4件

借入件数4件

審査でネックになる借り入れ件数は?

カードローンや消費者金融、そして、銀行カードローンや銀行のカード、また、そのほかのローンで融資を受けたいけれど、審査になかなか通らない、という方はいるてしょう。このように借り入れができなくなったとは、おもな理由のひとつとして、他社借り入れが4件を超えているからだ、ということがよく言われます。

つまり、カードローン審査において他のカードローン会社などからの借り入れ件数が4件以上あると、信用情報機関にその旨が記載され、その情報がカードローン審査の際にネックになる、というのです。

ましてや限度額いっぱいまで借りていたら大変です。こうなると、もうしっかりと金利を含めて返済してから次の融資を申し込むか、まとめローンのお世話になるかしかし、このようにカード会社のキャッシングの審査において、借り入れができないといわれてしまう場合はどうしたらいいのでしょうか。

他社借り入れ4件以上の場合

このように、カードローンや消費者金融、そして、銀行のカードローンや銀行カードローン、そしてそのほかの融資会社からのキャッシングなどで他社からの借り入れが4件以上ある場合には、信用情報機関その情報がなくても、融資の申し込み時に申請しなくてはいけない「他社借り入れ」の欄で、申し込みをした相手である消費者金融にはバレてしまいます。

しかし、このようなカード会社のカードローン審査に合格する方法がないこともありません。
審査を受ける際に、金利が低く限度額の高い銀行カードローンなどにチャレンジするのではなく、返済負担は少ないけれども、審査の甘いと言われている中小の消費者金融で審査を受けるのです。

しかし、それでもダメならまとめローンでまずは返済負担を減らす、という手もあります。

限度額の合計が大事

また、実は、このようにカードローンや銀行、消費者金融や銀行カードローン、そして、そのほかの融資会社からの融資に申し込みをする際に、他社の借り入れの件数が問題になる、とよく言われますが、しかし、審査の際に実際にネックになってくる情報は、信用情報機関などに事故情報がない場合、借り入れの件数よりも限度額の合計です。

カード会社はカードローン審査の際に、返済をきちんとしてくれるか、を一番に気にしますので、キャッシングの審査に申し込みをする際には、限度額を抑えるようにしましょう。
また、まとめローンに借り換えをすれば金利負担が少なくなりますので、おすすめです。