クレジットカード会社 どこも融資してくれない 原因

クレジットカード会社のどこも融資してくれない原因とは

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、必要に応じて使い分けができるようになっています。

クレジットカードを持ったことがない人が申し込みをしてどこも融資してくれない場合、どんな原因が考えられるのでしょう。
融資を受けたい一心で短期間のうちにあちこちのクレジットカード会社へ申し込みを行っていると、多重申し込み者と判断されて個人信用情報機関に登録されてしまいますから注意が必要です。

 

多重申し込み者として登録されてしまったとしても、一生クレジットカードでキャッシングができなくなるというわけではありません。
6カ月経過すれば登録が抹消されますから、個人信用情報機関からデータが消されてから申し込みをすれば、審査落ちしていた原因がなくなるので通過しやすくなるはずです。

 

個人信用情報機関などについて知識をお持ちの方は、キャッシングなどで返済が遅れていたり、債務整理などで金融ブラックになっている人が登録されてしまうということもご存知かもしれません。
ということは、全くクレジットカードを持った経験がない人なら、審査のときに信用が原因で断られることはないと考えるのが普通でしょう。

 

しかし、意外な盲点として、全くクレジットカードユーザーでない人が信用を原因に審査落ちしてしまうことがあります。
この原因によって審査に通らない人は、年齢が30歳を超えていてクレジットカードを利用したことがない人です。

 

もっと低い年齢層の人がまだ一度もクレジットカードを利用したことがないというのは珍しくないのですが、一般論として30歳くらいまでには利用するものだということなのでしょうか。
個人信用情報を確認しても利用履歴がないので、貸し付けしたお金をきちんと返済してくれる人なのかどうか、判断材料がない状態です。

 

では逆に最も審査に通りやすいのは、クレジットカードの利用歴があり、返済をしっかり守った実績がある人です。
年収が高くて一流企業に勤務しているクレジットカードを持ったことがない人より、低収入であってもこれまできちんと返済をしてきた人の方が、審査においては高評価となるのです。

クレジットカード会社のどこも融資してくれない原因とは関連ページ

消費者金融がどこも融資してくれない?
消費者金融と信用金庫や銀行とでは、審査の基準が少し異なります。これまで消費者金融ばかりに申し込みをし、結局今日までどこも融資してくれないという場合、どのような原因が考えられるのでしょう。
どこも融資してくれない原因は信用情報機関にあるかも?
キャッシングをしたいのにどこも融資してくれないという場合、審査落ちする理由に思い当たる人と、全く身に覚えがない人とに分かれるでしょう。どうしてどこも融資してくれないのか皆目見当がつかないなら、個人信用情報機関にご自分がどのようなデータが登録されているのか確認してみるのも一つの方法です。
職種が原因でどこも融資してくれない?
金融機関に融資の申し込みをするとき、さまざまな個人情報の申告を行います。氏名や住所などの基本的な項目はもちろんのこと、職場や勤続年数などかなり立ち入った内容まで伝えることになります。