どこも融資してくれない

どこも融資してくれない

 

 

金融機関がどこも融資してくれない原因とは?

 

まだ給料日まで日数があるというのに、手元にお金がなくなってしまったということは誰もが一度は経験したことがあるでしょう。
そんなときに頼りになるのが、銀行カードローンや消費者金融業者のキャッシングです。

 

家族や友人からお金を借りるとなると人間関係にヒビが入る可能性もありますので、お金に関することだからこそ赤の他人である金融機関を利用した方が無難というものです。
メガバンクのカードローンや大手消費者金融から借り入れをして利用者になるためには、最初に審査を受けて通過しなければなりません。
この審査では個人信用情報機関のデータベースに照会が行われ、申込者のクレジットカードやローンの利用状況、毎月の支払いがきちんと行われているかなどが確認されます。

 

個人信用情報機関に登録されている内容をチェックするのは、その申込者に返済能力があるのかを判断するためです。
貸し付けをして契約通りに返済されなければ貸し倒しになってしまいますから、それを回避するための審査基準として必ず行われています。

個人信用情報機関に自己破産などの債務整理を行った履歴があったり、複数の他社からすでに借金をしている多重債務者の場合は、契約を見送ることになります。
こうした金融ブラックの状態のまま大手の銀行カードローンや消費者金融に申し込みをしても、まず審査に通ることは難しいでしょう。

 

このような属性にあてはまるからといって、必ずしもどこも融資してくれないということはありません。
大手は難しくても中小消費者金融なら独自審査を行っていますので、属性だけで見送られることはなく、現在の返済能力を評価されて契約できる可能性があります。

 

もしすでに大手の金融機関に申し込みをしていて、その結果どこも融資してくれないという場合は、中小消費者金融に相談してみることをおすすめします。
まだ大丈夫だとあちこちの金融機関に申し込みをしてしまうと、「申込ブラック」になってしまいますので気を付けてください。

 

申込ブラックとは、短期間の間に複数の金融会社に申し込みをした人が個人信用情報機関に登録されてしまうものです。
1カ月の間にたくさんの申し込みをしているとしたら、どこも融資してくれないのは申込ブラックになっていることが原因かもしれません。
一度申込ブラックとして個人信用情報機関に登録されてしまったら、記録が抹消されるまで6カ月かかります。
どうしても大手から融資を受けたいと考え、半年も待てる時間の余裕があるようでしたら、他の予想される要因も改善しつつ6カ月間隔をあけましょう。

どこも融資してくれない記事一覧

消費者金融がどこも融資してくれない?

消費者金融と信用金庫や銀行とでは、審査の基準が少し異なります。これまで消費者金融ばかりに申し込みをし、結局今日までどこも融資してくれないという場合、どのような原因が考えられるのでしょう。消費者金融で申し込みを行うと、この人と契約をしても大丈夫か判断するために必ず行われているのが審査です。申し込みフォ...

≫続きを読む

クレジットカード会社のどこも融資してくれない原因とは

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、必要に応じて使い分けができるようになっています。クレジットカードを持ったことがない人が申し込みをしてどこも融資してくれない場合、どんな原因が考えられるのでしょう。融資を受けたい一心で短期間のうちにあちこちのクレジットカード会社へ申し込みを行っ...

≫続きを読む

どこも融資してくれない原因は信用情報機関にあるかも?

キャッシングをしたいのにどこも融資してくれないという場合、審査落ちする理由に思い当たる人と、全く身に覚えがない人とに分かれるでしょう。どうしてどこも融資してくれないのか皆目見当がつかないなら、個人信用情報機関にご自分がどのようなデータが登録されているのか確認してみるのも一つの方法です。申し込みを受け...

≫続きを読む

職種が原因でどこも融資してくれない?

金融機関に融資の申し込みをするとき、さまざまな個人情報の申告を行います。氏名や住所などの基本的な項目はもちろんのこと、職場や勤続年数などかなり立ち入った内容まで伝えることになります。申し込みをするときにどこでキャッシングするか選ぶ基準は人それぞれで、金利の低さや即日融資可能かなどがあげられます。金利...

≫続きを読む