キャッシング 他社借入4件

キャッシングが他社借入4件でも借りれる?

総量規制とは

銀行のカードローンや銀行カードローン、そして、消費者金融のカードや、消費者金融系カードローンの借り入れをしたいと考えている人に、ぜひとも覚えておいていただきたいのが総量規制です。

この総量規制は、融資の限度額の合計をその人の年収の3分の1以下に抑える、という法律上の規定で、これによって、多重債務によって返済不能になる、という事態を防ごうとしたものです。

しかし、この総量規制は、みずほ銀行カードローンなどの銀行系カードローンは対象となっていません。
銀行系のカードローンやローンカードが対象となっていないのは、通常のカード会社が、貸金業法によって規制されているのと違い、こういった銀行はその貸金業法の規制を受けていないからです。

ただ、さまざまな情報を総合すると、銀行系のローンの審査でも総量規制の枠を大幅に超える融資を得られる可能性はあまり高くないようです。

大手の銀行の場合

通常のカードローンや消費者金融のカードによるローン、そして、消費者金融系カードローンやローンカードと比較して、みずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンや銀行系の金融会社のローンカード、そして、その他の銀行系カードローンは、貸金業法の規制を受けないため、総量規制の規定を超えて融資をしてくれる可能性がゼロであるとは言えませんが、ただ、厳しいことに間違いはありません。

では、大手の銀行の審査は、融資限度額が総量規制を超えて借り入れができるのかと考えてみると、やはり、その人の返済能力や信用度によりけりではありますが、一部情報によると、年収の半分の限度額のカードローンが契約できた、という方もいます。

このように、銀行系であればカード会社によっては、大手でも総量規制を超える額を借りることができるようです。

他社借り入れ4件でも審査に受かる?

では、このように銀行カードローンや消費者金融のカードローン、そして、消費者金融系カードローンや銀行系のカード会社、また、ローンカードで融資を受けようとする場合、あるいは、みずほ銀行カードローンなどの銀行系カードローンなどに借り入れの申し込みをする場合には、総量規制の枠内だったとしても、他社借り入れ4件を超えるような借り入れの申し込みをして、審査に受かる可能性はあるのでしょうか?

実は、借り入れの申し込みの際に融資可能か、ということと、他社借り入れの件数はダイレクトに関わりのあるものではありません。

それよりも、現在、返済中の他社借り入れの限度額の合計が大事です。ある情報では、5件を超えても借り入れ限度額が少なければ融資の可能性はあるとのことでした。