多重債務でも借りれる おまとめローン 借金整理

多重債務者でも借りられる

多重債務者でも借りられる 関連記事





多重債務者でも借りられるのはどんな金融機関?銀行や大手で融資可能?

多重債務者の方は、多重債務という債務性の悪さから借入れ出来る金融業者が限られてしまいます。 ネット上では多重債務者でも銀行からの融資は可能と記載ある記事も見かけますが、本当のところはどうなのでしょうか。
多重債務者はどのような金融機関をご利用すべきなのか、詳しく解説していきます。

多重債務者は銀行カードローンからの借入は難しい
多重債務者は、銀行からの借入は非常に難しいといえます。
その理由は、これらが挙げられます。

銀行は返済能力に欠ける人には絶対に融資しない
銀行の返済能力の求め方というのはかなり高い基準となっており、少しでも返済能力に欠ける方は審査の対象とはしません。
職業に対しても高い職業を求める傾向がありますので、多重債務者というのはもっての他となります。
ネット上では、多重債務者でも借入が可能な銀行という記事を見受ける事がありますが、実際本当に審査の対象となるのかというと、そうではない場合が大半です。
銀行は審査基準が非常に高いので、多重債務者のような金融トラブル経験者に対する風当たりは非常にキツくなってしまう傾向があります。

銀行はフリーローンをメインの商品にしていないので無理に融資をしない
銀行というのは貯金や積み立て等の商品をメインとしており、フリーローンをメインにしておりません。
その為、無理に融資しなくても、貸せる相手にだけ貸せば良いという考えをします。
信頼できるかわからないような多重債務者には、無理に貸す事はないという判断となります。


本当の多重債務者には対応していない銀行が大半

多重債務でも借りれる

2社や3社の多重債務なら借入が出来る銀行もあるようですが、4社以上の真の多重債務者には厳しい傾向がございます。 銀行のカードローンは総量規制の対象外なので多重債務者でも借りられると勘違いしてしまう方もいるようですが、実際多重債務者には厳しい傾向があります。

このように、銀行系の融資には多重債務者は該当しない要素が大変多くございます。
銀行でも借入が出来るのではと期待されている方もいらっしゃると思いますが、現実は厳しいと思うようにした方が良いでしょう。

多重債務者は大手消費者金融も厳しい
それでは、多重債務者は大手消費者金融では借入れが可能なのでしょうか。

大手消費者金融では多重債務者への融資は厳しい
大手金融会社ローンの審査は甘そうに思えるかもしれませんが、多重債務者への融資は行っていない業者が大半です。
2社や3社程度の多重債務であれば審査に通る可能性もある場合もありますが、4社以上の真の多重債務者は審査に通るのは難しくなってしまいます。

知名度が高く人気が高いので顧客を選ぶ事が出来る
多重債務者を審査の対象としていない理由は、大手消費者金融の知名度と人気の高さです。
アコムやプロミス等TVCMでもお馴染みですので、多くの顧客が募っております。
多くの顧客が居るゆえに、あえて債務性が良くない顧客に無理して貸し出す必要はありません。

インターネット上では多重債務者でもOKの大手消費者金融の記事を見かける事がありますが、実際は審査の対象にならない事が大半のようです。


中小消費者金融であれば多重債務者は審査の対象となる場合がある

多重債務でも借りれる

中小の消費者金融であれば、多重債務者でも審査の対象としている金融業者がございます。 4社以上や5社以上の多重債務者でも審査の対象としている業者もございますので、期待して申し込む事が可能となります。
この様なポイントで、多重債務者OKの中小の消費者金融を選ぶようにしてみましょう。

口コミサイトをチェックする
多重債務者OKと公式サイトに記載している事はありませんので、口コミ情報等により多重債務者OKなのかをチェックして申し込んでみると良いでしょう。

独自審査の中小消費者金融をチェックする
独自審査を取り入れている中小消費者金融は、金融業者独自の目線で審査をして顧客の審査を行います。
多重債務者であっても返済能力に長けている場合は、審査の対象とする場合もございます。

対面審査の中小消費者金融をチェックする
中でも対面審査を行っている中小消費者金融は、多重債務者であっても柔軟な審査としてくれる場合があります。
対面審査では面と向かって審査しないと見抜けない部分も審査の対象となりますので、多重債務者のような訳ありの方には大変適した審査方法となります。
インターネットや電話のような一般的な審査では絶対に審査に通らないような多重債務者でも、対面審査で審査に通ったという声も挙がっております。
債務性が悪ければ悪い程、対面での審査というのは有利になる事が多くあるのです。

いかがでしたでしょうか。
多重債務者のキャッシングは、銀行や大手消費者金融では難しいといえます。
中小の消費者金融であれば審査の対象としてくれる業者がありますので、是非チェックをしてみると良いでしょう。
他社借入れ件数が多くても審査の対象としてくれる業者もありますので、期待出来ます。


▲TOPにもどる



多重債務者でも借りられる金融機関とは

多重債務でも借りれる

多重債務者の様な複数の借金がある方には、大手の有名な金融機関では貸してくれる事はまずありません。 しかし、諦めてはいけません。
多重債務者でも審査の対象となる金融業者は、探すといくらでもございます。
多重債務者でも審査の対象としてくれる金融業者はどのようなところなのか、ご紹介していきます。

多重債務者でも融資の期待が出来るのはどんな金融業者なのか
多重債務者というのは、審査の風当たりは強くなってしまいます。
その理由は、多重債務をしてしまうという事はお金にだらしない人と思われてしまうからです。
その為、金融業者のほとんどが多重債務者に対し厳しい対応となってしまっているのが現状となっております。
しかし、中でも期待出来る金融業者がありますので、目を向けてみましょう。
多重債務者のキャッシングの場合は、このようなポイントに目を向けて融資を考えるようにしてみましょう。

独自審査の中小消費者金融は審査の期待が出来る
独自審査を設けている中小消費者金融は、大手のような自動審査と比べると審査が甘い傾向がございます。
その為、ブラックの方でも審査の対象とする場合が多くございます。
金融業者独自の目線により審査を行いますので、多重債務者である以外に返済能力を期待出来る部分を探し、返済能力があるようであれば審査の対象としてくれます。
独自審査というのは中小消費者金融だけしか行っておりませんので、多重債務者のような債務性が良くない方にも柔軟な審査を行う事が出来ます。

3件までの多重債務であれば審査の対象となる業者が大半
金融ブラックの中でも多重債務者というのは敬遠されがちなのですが、多重債務の状態によっては審査の対象としてくれる中小消費者金融というのがございます。
一般的に、3件までの多重債務であれば、ほとんどの中小の消費者金融で審査の対象となります。
多重債務者といっても3件の借入なら、審査の甘くない金融機関でも融資が可能な場合もございます。


多重債務者は4件以上の他社利用がネックとなる

多重債務でも借りれる

問題は、4件以上の多重債務者の場合です。 4件以上の多重債務者となってしまうと、審査の対象としてくれる中小の消費者金融の数はグッと少なくなってしまいます。
インターネット上では5件以上が多重債務として厳しいと書かれている場合もあるようですが、現状は4件の多重債務者でも審査の対象としない場合も多いので、4件以上の多重債務は審査の対応が厳しいと思った方が良いでしょう。
4件以上の多重債務者の場合は、4件以上の多重債務でもOKの中小消費者金融がございますので、そちらのご利用を検討するようにしましょう。

他社借入れ総額も影響する
多重債務者のキャッシングのお申し込みは、他社借入れ総額も影響してしまいます。
他社借入れ金額の総額が150万円を超えてしまい且つ4件以上の他社借入れの場合は、審査の対象とならない中小消費者金融が増えてしまいます。
4件以上の多重債務で借金合計が150万円を超える場合は、借入件数か借金の合計を150万円より減らしてからお申し込みをすると、審査が通りやすくなる傾向があります。

返済能力があれば審査の対象としてくれる
多重債務者であっても、返済の力がある方と審査されたら借入れの対象としてくれます。
残念ながら、返済能力の低い多重債務者は、審査の対象となる中小消費者金融を探すのは非常に困難となります。
返済能力が低いのであれば、職業形態を見直しして返済能力を上げるようにしなければいけません。

多重債務者でも審査の対象とする中小消費者金融
多重債務者でも審査の対象とする正規の中小の消費者金融会社は、これらが挙げられます。


セントラル

多重債務でも借りれる

セントラルは、他社借入れ5件以上でも審査の対象としてくれる、中小の消費者金融です。 40年以上貸金業を行っている業者ですので、安心してご利用が可能となります。
最高融資額は100万円ですが、多重債務者の場合は最初は少ない限度額となるでしょう。
来店不要で最短即日融資も可能ですので、大変便利にご利用出来る中小消費者金融です。

アロー
アローは、他社借入れの滞納を現在していなければ、多重債務者でも審査の対象としてくれる中小消費者金融です。
独自審査によりお客様に似合った審査をしてくれるので、多重債務者であっても現在支払能力があれば審査の対象としてくれます。
来店不要で手続きが可能であり、最短即日で融資を受ける事が出来ますので、大変頼りになります。

フタバ
他社借入れが4件以下であれば、多重債務者でも審査の対象とする中小消費者金融です。
他社で延滞が現在ある方でも柔軟な審査をしてくれる事で有名であり、余程の債務性の悪さじゃなければ審査の対象としてくれます。
独自審査により、他社の審査が通らなかった方に対しても柔軟な審査と融資を行っております。
無利息期間もございますので、とてもお得にキャッシングができます。

アルコシステム
アルコシステムは、他社で現在延滞をしていなければ多重債務者でも審査の対象としてくれる中小消費者金融です。
その代わり、融資金額は10万円以下になってしまう事が大半のようですが、多重債務者でも借入れ出来るという事で、仕方のない事といえるでしょう。
審査の早さにとても定評があり、30分以内に結果連絡が来たという声も挙がっている程の早さです。

いかがでしたか。
多重債務者でも、こうしてお金を借入れする事が出来る金融業者はあります。
多重債務者となってしまうと融資に対し冷静な判断が出来なくなってしまう方も多いので、きちんと考えて借入れ先を検討するようにしましょう。
正規の金融機関からは借りられないと思い込んでしまい、闇金融等の悪徳業者のご利用を考えてしまう方もいるようですが、絶対にご利用してはいけません。
これらの中小の消費者金融を検討し、ご利用出来る業者に出会いましょう。



▲TOPにもどる



多重債務者でも借りられる「おまとめローン」とは

多重債務でも借りれる

多重債務者でどこの金融会社からもお金を借りる事が出来ない場合の手段として、おまとめローンという商品がございます。 多重債務状態で返済がやっとで苦しい場合は、おまとめローンが救ってくれますよ。
おまとめローンという商品を知り、是非ご利用してみてはどうでしょうか。
多重債務者におまとめローンをオススメ出来る理由を、わかりやすくご紹介していきます。

多重債務に困ったらおまとめローンが最適
多重債務に困っており毎月の支払いが大変な場合は、おまとめローンをご利用する事が適しております。
おまとめローンというのは、他社の借入件数全ての分を1つにまとめる事が出来るローンです。
例えば4社の借入があった場合、その全ての借金分の金額をおまとめローンをよりお借りして、4社に全額支払いを行い、おまとめローンで借りた分を返済していくという流れです。
4社あった支払いが1件になり、毎月の支払金額を減らして返済が可能となりますので、楽な返済が可能となるシステムです。
1社への支払いだけを考えれば良いので、返済がとても楽となっていきます。
複数あって返済に困っていたローンが、1つになる事で返済しやすいローンに生まれ変わる事が出来る、まさに理想的なローンです。

おまとめローンのメリット
おまとめローンには、このようなメリットがございます。

金利を低くする事が出来る
おまとめローンの多くは、低金利となっております。
一般的なカードローンなどのローンよりも低い金利となる場合が大半ですので、総支払い金額も変わりお得な返済金額とする事も可能となります。
ただし、今までのフリーローンよりも高い金利のおまとめローンをご利用してしまうと、金利を低くできないので注意が必要となります。

総量規制に該当しない
おまとめローンは、既にある借金の借り換えローンとなるので、総量規制に該当しません。
おまとめした借金の総額が結果として総量規制を超えていたとしても、返済能力さえあれば審査に通る可能性はございます。

月1回の返済となるので管理が楽
今まで複数の返済日があったのが1回となるので、返済の管理がとても楽となります。
今まで返済日ばかりを気にしていた生活が一変し、気持ちに余裕が出来ます。

自由になるお金が発生する
今までは複数回の支払いの為に月に支払う金額の合計が多く、自由になるお金が無かったという方もいらっしゃいます。
しかし、おまとめローンで月1回の返済となる事で、1回ごとの返済金額を少なくする事が可能となるので、お金に余裕が出来て自由が出来ます。


他社借入れ状況が酷い場合はご利用出来るおまとめローンは限られる

多重債務でも借りれる

おまとめローンというのは多重債務を1つにするローンなのですが、他社借入状態が酷い場合は審査が通らない場合もございます。 他社借入れ状態が4件以上の融資実績の場合は、中央リテールという多重債務状態が良くない方がご利用する金融機関のおまとめローンがオススメとなります。
中央リテールには、このような特徴がございます。

おまとめローン専用消費者金融
中央リテールはおまとめローン専用の消費者金融であり、おまとめローンに特化した対応をしてくれます。

多重債務状態が良くない方のみ対象としている
他社借入れ件数が4件以上で借入総額が150万円以上の方を対象に、おまとめローンを行っております。
それ以下の債務状況の方は、審査の対象としておりません。

金利が低い
中央リテールのおまとめローンの金利の上限は13.0%となっており、他社のおまとめローンの金利よりかなり低いという事がわかります。
金利の低さは総支払金額に影響するので、お得にご利用が可能となります。

融資限度額が高い
中央リテールの融資限度額は、500万円となっております。
高額のおまとめ金額でも審査の対象となりますので、500万円という融資限度額の高さは頼もしい金額といえます。

来店が必須
中央リテールは、来店して審査と契約を行います。
その為、中追いリテールの店舗に来店できないと、審査の対象となりません。

借換える他社借り入れのカードやローンは全て解約しなければいけない
中央リテールのおまとめローンの融資が決定したら、借り換えを行う他社のクレジットカードやローンは解約しないといけません。
中央リテールでおまとめする事により、今まで使っていたカードやローンは必要なくなるからです。
そのまま残しておくと再度利用してしまう事もありますので、本来なら解約してしまうという事は望ましい流れといえるでしょう。


おまとめローンには詐欺もあるので注意

多重債務でも借りれる

おまとめローンというのは、詐欺も多く発生しておりますので注意が必要となります。 ダイレクトメールやお電話等で勧誘する手口というのは、ほとんどがヤミ金のような詐欺となっております。
言葉巧みに促されてしまうと、その通りにした方が良いと思ってしまう方もいるようですが、正規の金融機関ではダイレクトメールやお電話での勧誘は一切行っておりません。
おまとめローンをご利用する際は、金融業者のホームページをチェックして、貸金業の許可を持っているのかをきちんと確認した上で、おまとめローン先をご利用するようにしましょう。

もしおまとめローン審査に通らなかったら
もしもおまとめローンの審査に通らなかった場合は、かなりのローンブラックという事となりますので、金融機関からの融資は難しいといえるでしょう。
中央リテールのような多重債務の度合いが良くない方でもご利用出来るおまとめローンの審査に落ちてしまったら、消費者金融のご利用は期待出来なくなってしまいます。
おまとめローンの審査に通らない場合は、債務整理を考えるようにしてみましょう。
債務整理に詳しい弁護士さんに相談すると親身になって相談に乗ってくれますので、是非検討してみましょう。

いかがでしたでしょうか。
多重債務で他社からの借入が厳しい場合は、おまとめローンのご利用を検討してみましょう。
おまとめローンは債務整理ではありませんので、個人信用情報機関に傷を付けずにご利用が可能となります。
借金一本化のカードローン返済により、生活が楽になっていきますよ。
安定した収入があれば審査の対象となりますので、目を向けてみると良いでしょう。



▲TOPにもどる



多重債務者でも借りられる金業者の審査に落ちたら債務整理を検討

多重債務でも借りれる

多重債務者で、どの金融業者からも借入が出来ず、おまとめローンの審査も通らない場合は、債務整理の検討をオススメします。 債務整理となるとブラックリストとなってしまいますので、出来ればそれはしたくないと思われる方も多いと思います。
しかし、今の多重債務状態が厳しくどうしようもない場合は、債務整理の選択も利口な判断といえます。
多重債務者の債務整理とはどのようなものなのかを、詳しくご紹介していきます。

債務整理とはどういう意味なのか
債務整理というのは、返済が難しくなってしまった個人の借金を、法律を基に整理していく方法です。
借金を整理するという流れとなりますので、当然個人信用情報機関に記録として残ってしまいます。
いわゆる、ブラックリストに登録され残ってしまうという事です。
ブラックリストに載るというと気が引けるかもしれませんが、今の多重債務状態が苦しく他社からお金を借りる事も出来ないのであれば、債務整理しか方法がございません。

債務整理の種類
債務整理には、このような種類がございます。

任意整理
債権者(お金を貸した側)と話し合いをし、元金のみの減額など返済しやすい借金の金額に整理をしていく方法です。
借金の減額により、無理なく返済が可能となるという流れです。
債務者(お客様)と債権者(お金を貸した側)との話し合いの中で、月々の支払い可能な支払額を話し合って決め、借金の総額を減らしていきます。
3〜5年の完済とするので、短期間で借金の整理も可能となります。
任意整理の場合、過払い金が発生している場合は清算が可能となり、過払い金が発生する事もございます。
TVCMでも最近は多く見かけるようになった流れですが、過払い金によって現在の借入の残金が減った若しくは無くなったというケースも多くございます。
毎月の返済は行っていきますので、返済能力がある事が問われます。

個人再生
個人再生は、別名民事再生という呼び方もします。
今ある借金を100万円また5分の1まで減額して、3年程で返済とする再生計画を裁判所で認可してもらい、3年程で減額した借金を返済していく返済方法の流れとなります。
裁判所が仲介に入る方法ですので、弁護士や司法書士に手続きを依頼します。
3年間返済をしていきますので、安定した収入がある事が原則となります。
個人再生というのは住宅等の個人資産を持ったままで可能な債務整理方法ですので、自己破産のように財産を失う事がありません。
住宅ローンを現在行っていても、住宅ローンを続けながら個人再生を行う事も可能となります。
また、借金の使途を問われる事はございませんので、どのような内容での借金であっても個人再生を行う事は可能となります。

自己破産
文字通り破産宣告をし、借金の支払いが出来ない事を裁判所に認めてもらい、免責となり支払いの義務をなくす方法です。
任意整理や個人再生を行っても多くの借金が残ってしまう場合は、裁判所に破産を申し立てて借金の帳消しが可能となる債務整理方法です。
債務整理の中では、唯一借金がゼロとなる方法となります。
自己破産の場合は、一定以上の価値がある財産を所有している場合は、債権者への配当へ回されてしまいます。
テレビやパソコンなどの時価20万円以下の財産以外の財産は、差し押さえの対象となってしまいます。
借金がゼロ円になる代わりに、財産を失ってしまうという流れとなってしまいます。
財産をお持ちの方は不利な流れとなってしまう事もございますので、注意が必要となります。


無職でも債務整理は可能なのか

多重債務でも借りれる

無職で債務整理が可能なのは、自己破産だけです。 任意整理や個人再生は返済が発生しますので、安定した収入が無ければ該当しません。
任意整理や個人再生としたい場合は、まずは職に就く事が前提となります。
安定した収入を作った上で、任意整理や個人再生の手続きを取るようにしましょう。

どの債務整理方法が良いのかわからない場合は弁護士にご相談を
素人判断では、どの債務整理方法が良いのかわかりにくいと思います。
どの債務整理方法が良いのか決められない場合は、弁護士さんの無料相談を受けてみてはどうでしょうか。
弁護士事務所などの法律事務所では、債務整理の無料相談を行っている事務所が大変多くございます。
無料であれば心置きなくご相談も出来ると思いますので、勇気を出してご相談をしてみてはどうでしょうか。
債務整理を行った方の声を拝見してみると、債務整理をして人生が変わった等、非常に前向きな感想が書かれているのを目にします。
多重債務に苦しむのは並大抵ではございませんので、それが解決出来た喜びはひとしおでしょう。
ご自分が想像している以上に楽となり道が開けますので、まずはご相談をされる事をオススメします。
無料メール相談を受け付けている法律事務所もございますので、気軽にご相談をしてみましょう。

債務整理のメリット
債務整理を行う事は、このようなメリットが生まれます。

借金が減る、または無くなる
借金が減ったり無くなりますので、返済地獄から解放されます。

催促が止まる
既に滞納などで催促が始まっている場合、債務整理の手続きを行った時点で催促はピッタリ止まります。

周りに内緒で借金の整理が可能となる
任意整理や個人再生をした事は公表されませんので、周りにバレる事はございません。
しかし、自己破産の場合は官報に記載される場合もございますので、注意が必要となります。


債務整理の免責は認められない場合もある

多重債務でも借りれる

債務整理を申請した場合、裁判所が支払い能力が無い方と認識してくれたら免責扱いとなり、借金返済の責任免除となります。 債務の免除を受ける為には、裁判所より免責の許可を受けなければいけません。
しかし、稀に免責が認められない場合がございます。
ギャンブルなどの浪費により作ってしまった借金の場合、免責不許可自由と判断されてしまい、免責とならない場合があります。
不誠実過ぎる理由の借金では、免責を認めるべきではないと判断されるからです。
このような場合は、免責不許可となってしまう場合がございます。

財産隠し
自己破産の場合は財産を売却処分し、債権者の配当へ回さなくてはいけません。
しかし、財産を取られたくないという理由から、財産を隠してしまう方がいらっしゃいます。
財産隠しはルール違反となってしまい、免責を認めてくれない場合があります。

一部の借金のみ支払いをする
破産手続きの場合、一部の借金のみを支払うという事は禁止されております。
一部の借金のみを支払うというのは、債権者に対して不公平な対応となってしまうからです。
一部の債権者のみに支払うのはルール違反となってしまいますので、免責不許可となってしまいます。

浪費やギャンブル
浪費やギャンブルにより多額の借金となってしまった場合、度が過ぎている場合は免責不許可となってしまいます。

債務整理前に急いで借金をしている
債務整理をする事を決めているのに急いで更に借金をしている場合は、詐欺行為となってしまいますので免責とならない場合がございます。
救済すべく相手とはならないので、免責不許可となってしまいます。

嘘をついたり調査を拒否してしまう
債務整理は様々な調査を行っていくのですが、その際に調査に協力をしなかったり嘘をついてしまうと、免責を認めてはもらえなくなります。

免責から7年以内に破産を申し立てた場合
破産に制限はありませんが、短期間に何度も破産をするのは債権者は納得できません。
その為、破産をしてから7年以内は免責を認めないと決められております。
短期間で破産を行う方は、前回の破産の際の反省を生かせていない証拠となり、不誠実な方と判断されてしまうからです。

破産宣告をしたけれど免責が認められなかった場合は、破産宣告をしたのにもかかわらず借金の返済だけは続いてしまいます。
破産宣告をしたのに、免責を受けていないので支払い形態が変わらない、という最悪な流れとなってしまうのです。

いかがでしたでしょうか。
債務整理となると恐ろしいイメージを持たれている方も多いと思いますが、今までの多重債務の苦しさに比べるとスッキリ快適になります。
少しでも気になる方は、弁護士さんや司法書士さん等の専門家にご相談をしてみると良いでしょう。
借金整理は悪い事ではなく必要な対処法となりますので、気になる方はしっかりと向き合ってご利用を検討してみましょう。
債務整理により事故情報が付いてしまいますが、それ以上の快適さを与えてくれます。
ご相談料は無料の場合が大半ですので、気軽に胸の内をご相談する事が出来ます。


▲TOPにもどる



多重債務者でも借りられると言われても絶対オススメ出来ない金貸し屋

多重債務でも借りれる

多重債務者でどの金融業者からもお金を借りる事が出来ない、この様な方が目を向ける融資方法に「金貸し屋」の存在があります。 金貸し屋と聞くと便利なのかなと思われるかもしれませんが、実は非常に危険な存在です。
金貸し屋がなぜ危険なのか、詳しくご紹介をしていきます。

金貸し屋は掲示板等に潜んでいる宜しくない貸主
金貸し屋というのは様々ございますが、お金を貸す掲示板に潜んでいるケースが大半となります。
キャッシングを行う企業とは違い、個人の方がお金を借りたい方に貸し出すスタイルです。
金融業者とは違い審査はありませんので、多重債務者や金融事故を起こしている方でも問題なく審査の対象となります。
ローン会社からお金を借りる事が出来ない方にとっては、こんなに好都合な事はないと思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、金貸し屋のほとんどが、宜しくない貸主というケースが多いのが現状となっております。
個人間で納得して貸し出しをするシステムですので、当然理不尽な内容での貸し借りが行われているパターンが多くあるようです。

金貸し屋利用によって抱えるリスク
金貸し屋ご利用により、このような大きな利息を抱えてしまいます。

高い利息で借入残高が想像以上に膨大となってしまう
どの金貸し屋にも言える事といえば、高い利息での貸し付けとなるという事です。
正規の金融機関の金利とは程遠く、多くの金利を要求されてしまいます。
多重債務者はお金を借りたい気持ちばかりが強いので、金利が多少高くてもOKしてしまう方が大半です。
いざ借入れしてみると想像以上に多くの利息となってしまい、多額の返済額に驚いてしまう方もいらっしゃるようです。
利息が多く支払いがスムーズにならなくなってしまい、借金が減らないなんていうケースも少なくないようです。


金貸し屋がヤミ金融の場合もある

多重債務でも借りれる

金貸し屋は個人と思われる方が多いと思いますが、闇金業者が個人を装って潜んでいる事は少なくありません。 個人の金貸し屋をご利用するつもりが、気が付いたらヤミ金業者をご利用していたというパターンは少なくありません。

自分では融資出来ないからと闇金を紹介されてしまう
最初は個人の接触であっても、自分では融資出来ないといい紹介される業者が闇金というパターンも少なくないようです。

個人情報をバラまかれる場合がある
個人間の金貸しの場合、信用情報として個人情報の提示を求められる事があります。
信用情報として使うだけなら良いですが、その情報を業者に売られてしまう事は少なくありません。
個人情報をバラまかれてしまい、大変な目にあってしまったというケースもございます。

しかし金貸し屋の利用者は後を絶たない
この様に金貸し屋というのは非常にリスクが高い融資方法ですが、残念ながら利用者は後を絶たないのが現状となっております。
正規の金融機関からの融資が不可能な方は、お金が必要になっても借入れ出来る手立てがありません。
その為、このような金貸し屋のご利用しかないと思い、ご利用してしまうのです。
リスクが高くても、お金を借りる事さえ出来るのであれば仕方がない、と思われるのが現状のようです。


金貸し屋ご利用の前に検討すべき金融業者とは

多重債務でも借りれる

金貸し屋のご利用は危険ですので、オススメ出来ません。 金貸し屋のご利用を検討する前に、審査が甘めの金融業者のご利用を検討してみましょう。
審査が甘めの金融業者は、多重債務者にも柔軟な審査をしてくれます。
審査が甘く多重債務者でも融資が期待できる業者は、このような特徴で選んでみましょう。

街金のご利用
街金は地域密着の対応をしてくれますので、審査のレベルが低く審査通過率が高い業者が多くございます。
特に小規模の街金の場合は、お客様が置かれている状態をしっかり把握した上で審査をしてくれますので、他社で審査が通らない多重債務者でも審査通過する事があります。

金利が高くキャッシング枠の限度額が低い
金利の上限が20.0%と高く融資限度額が50万円等と低い金融業者は、審査が甘めな業者の可能性が高いと言えます。
この2つのポイントは、信用性が低い方に貸し出す条件となっており、審査の甘さが期待できます。

ブラックでもOKの金融業者
ブラックでもOKの金融業者は、審査のレベルがかなり低いといえます。
ブラックでもOKと言われている金融業者は、多重債務者でも審査に通ったという声も多くございます。
ブラック情報がある方でもOKの情報はインターネット上の口コミ等の記事で確認出来ますので、細かくチェックしてみると良いでしょう。

これらの貸金業者は審査が甘めの傾向がございますので、もうどこからも借りる事が出来ないと思われた多重債務者でも審査の対象となる場合がございます。
最後のチャレンジとして、申し込んでみる事をオススメします。
フタバやアロー、フクホー、セントラル、アルコシステム等は審査が甘めで多くの顧客をゲットしようとしている傾向があり、どの業者も貸金業協会の会員ですのでオススメの金融機関といえます。

いかがでしたでしょうか。
金貸し屋は都合の良い存在に思えるかもしれませんが、リスクが非常に高過ぎです。
金貸し屋をご検討される前に、もう一度一般的な正規の金融業者のご利用を考えてみる事をおすすめします。
多重債務者でも審査の緩めの金融業者は多くあり、地元に根付いた審査をしてくれる街金であれば融資を受ける事が出来る可能性がございます。
街金は中小の消費者金融であり、貸金業の許可を持っている正規の業者であれば安心してご利用出来ます。
少なくても金貸し屋よりはリスクが低いので、街金のご利用を強くオススメします。

▲TOPにもどる